訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ナポレオン・ボナパルト

軍人、政治家皇帝[フランス]

1821年 5月5日 死去享年53歳

ナポレオン・ボナパルト - ウィキペディアより引用
ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。
ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)として、フランス第一帝政の皇帝にも即位した。
フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。
また、戦勝と婚姻政策によって、イギリスとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。
生涯 生い立ち 1769年、コルシカ島のアジャクシオにおいて、父カルロ・マリア・ブオナパルテと母マリア・レティツィア・ラモリーノの間に、12人の子供(4人は夭折)のうち4番目として生まれた。