芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川如是閑 氏(はせがわにょぜかん)

ジャーナリスト評論家[日本]

1969年 11月11日 死去享年95歳

長谷川如是閑 - ウィキペディアより引用

長谷川 如是閑(はせがわ にょぜかん、1875年(明治8年)11月30日 - 1969年(昭和44年)11月11日)は、日本のジャーナリスト、文明批評家、評論家、作家。
明治・大正・昭和と三代にわたり、新聞記事・評論・エッセイ・戯曲・小説・紀行と約3000本もの作品を著した。
大山郁夫らとともに雑誌『我等』(後に『批判』)を創刊し、大正デモクラシー期の代表的論客の一人。
「如是閑」は雅号、本名は萬次郎。
略歴・人物 家族・生い立ち 東京府東京市深川区深川扇町(現在の東京都江東区木場)で、山本徳治郎・たけの次男として生まれる。
山本家は江戸城築城に携わった棟梁の家系で、代々幕府から俸禄を受けていたが、徳治郎の代からは材木商を営んでいた。
1884年(明治17年)、曾祖母の養子となり長谷川に改姓した。
兄は東京朝日新聞社記者であった山本笑月、弟は日本画家の大野静方である。
1881年(明治14年)深川区万年町公立明治小学校(現在の江東区立明治小学校)入学、翌年下谷区御徒町私立島本小学校に転校している。

はせがわにょぜかん [生]1875.11.30.東京[没]1969.11.11.小田原ジャーナリスト,文学者,思想家。幼名は万次郎。1898年東京法学院(中央大学の前身)を卒業し,1902年日本新聞社に入社。06年社長の陸羯南(くがかつなん)が隠退し,新社長が三宅雪嶺と古島一雄の退社を命じたので,如是閑ら十数人も抗議して退社。07年雪嶺のもとで『日本及日本人』の創刊に参加。08年鳥居素川のすすめで大阪朝日新聞社に入社。やがて小説や紀行文も発表しはじめた。14年社会部長になったが,18年の白虹(はっこう)事件で鳥居ら盟友とともに退社。19年大山郁夫らと雑誌『我等』を創刊した(軍国主義の波の強まった1930年に『批判』と改題し,34年廃刊)。第2次世界大戦中は沈黙がちであったが,戦後の46年貴族院議員,47年日本芸術院会員となり,48年文化勲章を受けた。『長谷川如是閑選集』(全7巻,69~70)に代表著作が収められている。 (引用元 コトバンク)