訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルイ13世

フランス国王[フランス]

1643年 5月14日 死去享年43歳

ルイ13世 - ウィキペディアより引用
『ルイ13世 (フランス王)』より : ルイ13世(フランス語: Louis XIII、1601年9月27日 - 1643年5月14日)は、ブルボン朝第2代のフランス国王(在位:1610年5月14日 - 1643年5月14日)。
ナバラ国王としてはルイス2世(バスク語: Luis II.a)。
ブルボン朝創成期の王である。
父王アンリ4世の暗殺により幼くして即位した。
母后マリーが摂政を務めるが、成年すると母后を排除している。
リュイヌ公シャルル・ダルベール、次いで有能なリシュリュー枢機卿を重用してユグノーなどの国内の抵抗勢力を制圧し、国外では三十年戦争でハプスブルク家と戦い、国政を整備して最初期の絶対君主の一人となった。
また、ブルボン朝で初めてハプスブルク家と政略結婚した。
生涯 出生 アンリ4世と王妃マリー・ド・メディシスの長子としてフォンテーヌブロー宮殿で生まれた。
王の息子であるルイはフィス・ド・フランスの称号を与えられ、長男だったためドーファン(王太子)となった。
父アンリはサリカ法に則り、母方では又従弟であるアンリ3世から王位を継ぎ、ブルボン朝初代のフランス王となった人物である。