芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィンストン・チャーチル 氏Winston Leonard Spencer-Churchill

政治家首相、競走馬オーナー[イギリス]

1965年 1月24日 死去享年92歳

ウィンストン・チャーチル - ウィキペディアより引用

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル(英語: Sir Winston Leonard Spencer-Churchill, KG, OM, CH, TD, PC, DL, FRS, Hon. RA、1874年11月30日 - 1965年1月24日)は、イギリスの政治家、軍人、作家。
概略 サンドハースト王立陸軍士官学校で軽騎兵連隊に所属し、第二次キューバ独立戦争を観戦し、イギリス領インドでパシュトゥーン人反乱鎮圧戦、スーダン侵攻、第二次ボーア戦争に従軍した。
1900年のイギリス総選挙にオールダム選挙区から保守党候補として初当選。
しかしジョゼフ・チェンバレンが保護貿易論を主張すると、自由貿易主義者として反発し保守党から自由党へ移籍した。
ヘンリー・キャンベル=バナマン自由党政権が発足すると、植民地省政務次官としてイギリスに併合されたボーア人融和政策や中国人奴隷問題の処理など英領南アフリカ問題に取り組んだ。

Sir Winston Leonard Spencer-Churchill イギリスの政治家、軍人。作家。 1874年11月30日、生まれ。1965年1月24日、死去。 イギリス第61代首相として第二次世界大戦中の1940年5月10日から1945年7月27日まで在任。大戦後もイギリス第63代首相として1951年10月26日から1955年4月7日まで在任した。 オックスフォードシャー出身。マールボロ公爵家の出身。 ボーア戦争にモーニング・ポスト紙の通信員として参加、ボーア軍の捕虜となるが脱走に成功して、ついでにそれを記事にして大人気、政界入りの足がかりに。 第一次世界大戦(WWI)では海相としてトルコ侵攻作戦を推進、ガリポリ上陸戦の責任をかぶる形で辞任。 第二次世界大戦(WWII)では、ネヴィル・チェンバレンに代わって首相に就任、戦争指導に当たった。大戦終了直前の総選挙で敗北・退陣。 1946年、ウェストミンスター大学で有名な「鉄のカーテン」演説を行い、その後の冷戦を予言(予告)した。 1951年〜1955年、ふたたび首相の座につく。 1965年、90歳で死去。セント・ポール大聖堂にて国葬。 政治的には自由党と保守党を渡り歩いたり*1、首相就任後も落選したりと不安定であった。躁鬱病であり、鬱病時には画を描いて気を紛らわしていた。文名も名高く、「第二次世界大戦」「わが半生」など著作が多数ある。1953年、ノーベル文学賞受賞。 関連 → チャーチル *1:当初は保守党所属の下院議員であったが1904年には自由党に移籍。が、のちに反社会主義の立場から1925年にはふたたび保守党に入党。 (引用元 Hatena Keyword)