訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エミリオ・プッチ 氏Emilio Pucci

ファッションデザイナー[イタリア]

1992年 11月29日 死去享年79歳

エミリオ・プッチ(Emilio Pucci, 1914年11月20日 - 1992年11月29日)は「プリントの王子 (Prince of Prints) 」の異名を持つイタリアナポリ出身の男性ファッションデザイナー、政治家。
また、彼が創始したファッションブランド。
プロフィール フィレンツェの侯爵家に生まれ、1934年から1935年にかけてスキーナショナルチームに所属、自身のデザインしたスキーウェアを着ていた。
ミラノ大学卒業後、アメリカ合衆国ジョージア州アセンズの大学で就学。
その後さらに1937年にオレゴン州ポートランドリード・カレッジで社会学を学ぶ。
1939年イタリアに帰国。
フィレンツェの大学で1941年、政治学で博士号を取得。
第二次世界大戦中にはイタリア空軍でパイロットを経験し、その後、政治家になりイタリア議会にも10年間在籍した。
1947年、高校時代のスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー」に掲載。
これが予想外の人気を得る。
その後は同誌から女性用の冬服デザインを依頼され、ニューヨークで売り出され、スポーツウエアのデザイナーとして評判を高める。

「エミリオ・プッチ」と関連する人物(故人)