芸能人・経営者のおくやみ情報

二反長半 氏(にたんおさなかば)

児童文学作家[日本]

1977年 7月5日 死去享年71歳

二反長 半(にたんおさ なかば、1907年11月20日 - 1977年7月5日)は日本の小説家・児童文学作家。
大阪府茨木市出身。
本名は二反長半二郎(にたんちょう はんじろう)で、父の音蔵は「日本のアヘン王」と呼ばれた製薬業者だった。
府立茨木中から法政大学に進み高等女学校の教師となるが、中学時代の同窓だった川端康成と大宅壮一への憧れから文筆業に転じる。
その後、寄稿していた少年雑誌の編集者の薦めで児童文学を手がけるようになり、1939年に川端・大宅・井伏鱒二・宇野浩二・小川未明・坪田譲治・豊島与志雄・村野四郎と少年文芸懇話会を結成。
『少年文学』を発行し、戦時中の厳しい世相の下で児童文学の創作を続けた。
小学館児童文化賞受賞。
その後、日本児童文芸家協会常任理事や日本児童ペンクラブ会長を歴任。
また、少年文芸懇話会の時代から戸田城聖と懇意であった関係で創価学会とも関わりを持ち、池田大作に児童文学の創作を勧めたとも言われる。
また、自身も『若き日の池田大作』(集英社)という池田礼賛本を書いている。
著書 大地に立つ子 自転車と犬 鶴書房 1941 桜の国の少年 富士書店 1941 大山元帥 富士書店 1942 間宮林蔵の探検 紀元社 1942 皇国の農人 老農渡部斧松の生涯 小学館 1943 竜の水 桜井書店 1943 島の旗かぜ 弘学社 1943 雪ちり撤く 小説集 日の出書房 1946 モミノ木ノカゲ 東京社 1946.4 愛の植林 父子二代 1946.4 (學習社文庫) 貝がらの町 二葉書店 1947 (二葉文庫) 赤おにやしき 大日本雄弁会講談社 1947.9 赤いまり・青いまり ひらかな童話集 文祥堂 1948 帰って来た船のり 文祥堂 1948 みかん山のぬす人 雁書房 1948 空の雲か峯の桜か 東京一陽社 1948 リスの子の町けんぶつ 三年生の童話 昭和出版 1949.4 アンデルセン 童話文学の王 偕成社 1952 (偉人物語文庫) 伊能 ……