訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

徳川宗春(とくがわむねはる)

尾張藩主[日本]

(明和元年10月8日没)

1764年 11月1日 死去享年69歳

徳川宗春 - ウィキペディアより引用
徳川 宗春(とくがわ むねはる)は、江戸時代中期の大名。
尾張徳川家第7代当主・第7代尾張藩主。
尾張藩主前は御連枝である大久保松平家当主(陸奥梁川藩主)。
尾張藩主就任時に規制緩和政策をとった宗春は、質素倹約策の8代将軍徳川吉宗とよく対比されるが、幕府が元文の改鋳で金融緩和をした際には、尾張藩では引き締め政策を行っており、単純な規制緩和ではなかった。
歴代藩主と同様、尾張藩主就任後に吉宗から「宗」の偏諱を授かって「宗春」と改名した(後述)。
改名前の諱は兄徳川吉通の「通」の字を得て通春。
生涯 出生 元禄9年10月28日(1696年11月22日)、尾張藩第3代藩主徳川綱誠の二十男として名古屋で生まれ、萬五郎と名付けられる。
母は側室の梅津(宣揚院、遠州掛川横須賀浪人三浦太次兵衛嘉重の長女)。
元禄11年(1698年)に祖母の千代姫、翌元禄12年(1699年)に父の綱誠、元禄13年(1700年)に祖父の徳川光友が相次いで没した。