訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

岡倉天心(おかくらてんしん)

美術家、美術史家、東京美術学校校長、日本美術院創設者[日本]

1913年 9月2日 死去享年51歳

岡倉天心 - ウィキペディアより引用
岡倉 天心(おかくら てんしん、1863年2月14日(文久2年12月26日) - 1913年(大正2年)9月2日)は、日本の思想家、文人。
本名は岡倉覚三(かくぞう)。
幼名は岡倉角蔵。
横浜の本町5丁目(現・本町1丁目、横浜開港記念会館付近)に生まれる。
福井藩出身の武家で、1871年に家族で東京に移転。
東京美術学校(現・東京藝術大学の前身の一つ)の設立に大きく貢献し、のち日本美術院を創設した。
近代日本における美術史学研究の開拓者で、英文による著作での美術史家、美術評論家としての活動、美術家の養成、ボストン美術館中国・日本美術部長といった多岐に亘る啓蒙活動を行い、明治以降における日本美術概念の成立に寄与した。
「天心」は岡倉が詩作などの際に用いた号であるが、生前には「岡倉天心」と呼ばれることはほとんどなく、本人はアメリカでも本名の岡倉覚三 (Okakura Kakuzo) で通していた。
福井藩の下級藩士の父・岡倉勘右衛門は、藩命で武士の身分を捨て、福井藩が横浜に開いた商館「石川屋」(現・横浜開港記念会館)の貿易商となり、その商店の角倉で生まれたことから、覚三は当初「角蔵」と名付けられた。