芸能人・経営者のおくやみ情報

ピーター・ドラッカー 氏Peter Ferdinand Drucker

経営学者[オーストリア→アメリカ]

2005年 11月11日 死去老衰享年97歳

ピーター・ドラッカー - ウィキペディアより引用

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。
「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。
他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。
父・アドルフ・ドルッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。
ドラッカーの自著によれば、父親はフリーメイソンのグランド・マスターだった。
ウィーンで裕福なドイツ系ユダヤ人の家庭に生まれる。
1917年に両親の紹介で、同じユダヤ人の精神科医ジークムント・フロイトに会う。
1929年、ドイツ・フランクフルト・アム・マインの『フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー』紙の記者になる。

Peter F. Drucker 経営学のグル(権威者)。 マネジメントを作った男と称されている。 1909年11月19日生まれ、2005年11月11日ご逝去。 95歳での大往生。 多くの人々は彼を「経営学者」というが、彼自身は「社会生態学者」と名乗った。 それは彼の研究に対する想いによる。 彼は、主としてマネジメントを研究対象としていた。 もともと彼は「ヒトはどうすれば幸福になるか」を考えていた。 この場合、人間は二つに規定した。 個人としてのヒト 社会的存在としてのヒト ドラッカーの考えるヒトは後者であった。 社会的存在としてのヒトは何かしらの「組織」に属している。 よって彼は社会的存在としてのヒトがその所属する組織で幸福になるためにはどうすればよいか、ということを研究した。その手段として彼は「マネジメント」を考察した。 そのほとんどの著作はマネジメントをテーマにし、後年は取り分け非営利組織のマネジメントを研究対象とした。 彼の持論として、「これから、注目されていく社会形態は、自己実現を中心にしたアメリカ型NPO社会か、絆で結ばれた日本の旧来の会社型組織である」ということを、我々は胸に刻むべきではなかろうか。 彼は、日本で特に受け入れられ、彼自身も日本、日本文化を愛してくれていた。 晩年の著書でも、日本の復活を願う文章が目立った。 ドラッカー学会:http://drucker-ws.org/(2005年11月19日発足) http://drucker.diamond.co.jp/ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC (引用元 Hatena Keyword)