訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

チャールズ1世Charles I

イングランド国王[イギリス]

1649年 1月30日 死去処刑享年50歳

チャールズ1世 - ウィキペディアより引用
『チャールズ1世 (イングランド王)』より : チャールズ1世(Charles I, 1600年11月19日 - 1649年1月30日)は、イングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1625 - 1649年)。
生涯 幼年期 スコットランド王ジェームズ6世(当時はイングランド王位継承以前)の次男として、スコットランドのダンファームリンに生まれた。
話し始めることと歩き始めることが非常に遅かった。
父ジェームズ1世も歩き始めたのが5歳以降とも言われている。
チャールズの舌と下顎を結ぶ腱の一部の切除、金属製の長靴様の拘束具(補強具としての使用を意図した)の使用の提案を医師団がしたが、結局乳母の反対により、辛抱強い教育で代用された。
10歳頃には普通の子どものように動いたり話したりできるようになった。
兄ヘンリー・フレデリック・ステュアートが亡くなったため、1612年にコーンウォール公とロスシー公に、1616年にプリンス・オブ・ウェールズに叙位された。