芸能人・経営者のおくやみ情報

チャールズ1世Charles I

イングランド国王[イギリス]

1649年 1月30日 死去処刑享年50歳

チャールズ1世 - ウィキペディアより引用

『チャールズ1世 (イングランド王)』より : チャールズ1世(Charles I, 1600年11月19日 - 1649年1月30日)は、イングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1625 - 1649年)。
生涯 幼年期 スコットランド王ジェームズ6世(当時はイングランド王位継承以前)の次男として、スコットランドのダンファームリンに生まれた。
話し始めることと歩き始めることが非常に遅かった。
父ジェームズ1世も歩き始めたのが5歳以降とも言われている。
チャールズの舌と下顎を結ぶ腱の一部の切除、金属製の長靴様の拘束具(補強具としての使用を意図した)の使用の提案を医師団がしたが、結局乳母の反対により、辛抱強い教育で代用された。
10歳頃には普通の子どものように動いたり話したりできるようになった。
兄ヘンリー・フレデリック・ステュアートが亡くなったため、1612年にコーンウォール公とロスシー公に、1616年にプリンス・オブ・ウェールズに叙位された。

チャールズいっせいCharlesI [生]1600.11.19.ダンファームリン宮[没]1649.1.30.ロンドンイギリス,スチュアート朝のイングランド王(在位1625~49)。ジェームズ1世の二男。兄の死により1616年皇太子。初代バッキンガム公の斡旋によるスペイン王女との縁組みに失敗し,1624年フランス王アンリ4世の娘ヘンリエッタ・マリアと婚約。1625年3月即位し,直後に結婚。課税とバッキンガム公の失政を追及する第1議会,第2議会(1625~26)を解散したため,国民の反感は高まり,第3議会は1628年「権利請願」を可決。国王はいったんこれを承認しながらも翌1629年議会を解散し,以後11年間無議会時代と呼ばれる専制を開始した。ウィリアム・ロードとストラッフォード伯を政治顧問にして国教会体制の強化,船舶税その他の課税強行などの「徹底政策」を実施したが,主教戦争を引き起こし,戦費調達のため,1640年4月短期議会を招集した。続いてスコットランドへの賠償金に窮して,同1640年11月長期議会を招集。議会は国王側近の処罰,大権裁判所の廃止,同意なき課税の撤廃などの改革に着手し,王の失政を非難した大抗議文を発表したため,王は五議員事件を強行して対立は極点に達し,1642年秋清教徒革命が勃発した。緒戦は王に有利に展開したが,1645年ネーズビーの戦いで敗れて以来劣勢に陥り,1646年スコットランド軍に投降し,さらに議会軍に身柄を引き渡された。スコットランド軍と密約を結んで第2次内乱を起こしたが,1648年再び敗れ,翌1649年1月裁判にかけられ,暴君,反逆者,公敵として処刑された。 (引用元 コトバンク)