芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴィルヘルム・ディルタイWilhelm Christian Ludwig Dilthey

哲学者[ドイツ]

1911年 10月1日 死去享年79歳

ヴィルヘルム・ディルタイ - ウィキペディアより引用

ヴィルヘルム・クリスティアン・ルートヴィヒ・ディルタイ(ドイツ語: Wilhelm Christian Ludwig Dilthey, 1833年11月19日 - 1911年10月1日)は、ドイツの哲学者。
生涯 ライン河畔、当時はナッサウ公国に位置したピープリヒの北部、モスバッハ(現在、ヴィースバーデン市の一部)に生まれる。
父マクシミリアンはナッサウ公国宮廷牧師にして、モスバッハ・ビープリヒの教会参事官。
母ラウラは、作曲家カール・マリア・フォン・ヴェーバーの最初の先生であったことでも知られる、ナッサウ公国宮廷楽長ペーター・ホイシュケルを父にもつ。
ヴィースバーデンのギムナジウムを修了後は法学専攻を志したが、父の意向を尊重して神学研究を選択、ハイデルベルク大学に入学して、私講師クーノ・フィッシャーに師事した。
ところが、同大学の保守反動化―ゲルヴィーヌスやフィッシャーの罷免、辞任がそのひとつの結果である―に嫌気がさしたこともあり、ベルリン大学に転学、哲学や歴史学や神学を学び、ランケ、ドロイゼン、トレンデレンブルクなどの講義を聴講する。

ヴィルヘルム・クリスティアン・ルートヴィヒ・ディルタイ(Wilhelm Christian Ludwig Dilthey, 1833年11月19日 - 1911年10月1日) ドイツの哲学者。ドイツ観念論哲学と歴史主義の遺産を継承して、精神科学の方法の確立を目指した。人間の内的体験、内的連関を重視する「生の哲学」を主唱し、歴史・文化・社会にまで考究の領域を広げた。 (引用元 Hatena Keyword)

「ヴィルヘルム・ディルタイ」と関連する人物(故人)