訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

横山大観 氏(よこやまたいかん)

日本画家[日本]

1958年 2月26日 死去享年89歳

横山大観 - ウィキペディアより引用
横山 大観(よこやま たいかん、正字体:大觀、1868年11月2日(明治元年9月18日) - 1958年(昭和33年)2月26日)は、日本の美術家、日本画家。
常陸国水戸(現在の茨城県水戸市下市)出身。
近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。
帝国美術院会員。
第1回文化勲章受章。
死後、正三位勲一等旭日大綬章を追贈された。
茨城県名誉県民。
東京都台東区名誉区民。
本名、横山 秀麿(よこやま ひでまろ)。
1868年(明治元年)、水戸藩士・酒井捨彦の長男として生まれる。
府立一中、および私立の東京英語学校の学齢時代から絵画に興味を抱き、洋画家・渡辺文三郎に鉛筆画を学ぶ。
1888年(明治21年)、母方の縁戚である横山家の養子となる。
東京美術学校を受験することに決めると、急遽結城正明、狩野芳崖などに教えを受ける(その期間は2、3か月程度だったと言われる)。
また、受験の際は受験者数300人中、 200人が鉛筆画での受験をし、しかも彼らは有名な師に何年も教わってきたと聞くや、試験の直前に鉛筆画から毛筆画への試験の変更を申請、見事に東京美術学校へと合格した。
  • 題名
    横山大観 [VHS]
    監督
    出演俳優
      発売元
      大映
      発売日
      1983年8月16日
      新品価格
      より
      中古商品
      より