芸能人・経営者のおくやみ情報

大島博光 氏(おおしまひろみつ)

詩人[日本]

2006年 1月9日 死去肺炎享年97歳

大島 博光(おおしま ひろみつ、1910年11月18日-2006年1月9日)は、日本の詩人である。

長野県出身で、西條八十に師事し、詩誌『蝋人形』の編集にたずさわる。
当時、寄稿した花田清輝の文章に、ナチスに抵抗するソ連を肯定的に叙述した部分があったことで、花田に「大丈夫か」という懸念を表明したということを、のちに花田が回想している。
ちなみに、そのエッセイは、花田の『復興期の精神』に収められている。

戦後、新しい詩の活動に参加し、フランスのレジスタンス運動の中で生まれた詩を多く紹介する。
ルイ・アラゴンやパブロ・ネルーダの詩を翻訳し、紹介した。
1962年の詩人会議グループの創立に参画し、壺井繁治たちとともに民主主義文学運動の詩の分野で活躍した。
1965年の日本民主主義文学同盟の結成にも参加し、一時期は幹事もつとめた。

おおしま-ひろみつ 1910-2006昭和-平成時代の詩人。明治43年11月18日生まれ。西条八十(やそ)にみとめられ,詩誌「蝋人形」の編集にあたる。昭和21年共産党に入党。アラゴン「フランスの起床ラッパ」や「ネルーダ詩集」など抵抗詩の翻訳,紹介につとめた。60年第1詩集「ひとを愛するものは」で多喜二・百合子賞をうけた。平成18年1月9日死去。95歳。長野県出身。早大卒。著作に「抵抗と愛の讃歌」など。 (引用元 コトバンク)

「大島博光」と関連する人物(故人)