訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

前田光世(まえだみつよ)

柔道家、コンデ・コマ[日本]

1941年 11月28日 死去享年63歳

前田光世 - ウィキペディアより引用
前田 光世(まえだ みつよ、男性、1878年12月18日 - 1941年11月28日)は、講道館黎明期の柔道家(7段)である。
ブラジル帰化後の本名はコンデ・コマ(Conde Koma)。
グレイシー一族に柔術を伝えた人物として知られる。
青森県中津軽郡船沢村(現・弘前市)出身。
1895年、青森県第一中学校(現・青森県立弘前高校)を中退して上京し、翌年早稲田中学(現・早稲田高校)に入学する。
入学後は相撲や野球で名を馳せたが、東京専門学校(現・早稲田大学)に柔道場が新設されたことをきっかけに柔道を始め、1897年6月には講道館に入門し、柔道に打ち込む。
入門してからは講道館四天王の1人である横山作次郎などに鍛えられ、めきめきと頭角をあらわし、昇段審査(初段)の時には嘉納治五郎講道館初代館長の命により前田のみ15人抜きを命ぜられる(見事これを達成)。
またこの頃、東京専門学校に入学するも1904年に中退した。
4段位にあった1904年11月、柔道使節の一員として渡米。
滞在費稼ぎや柔道普及のために異種格闘技戦を断行、対戦相手を求めてアメリカ中を周りボクサーやプロレスラー、拳法家などと戦う。

「前田光世」と関連する人物(故人)