芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・マリア・フォン・ウェーバーCarl Maria Friedrich Ernst von Weber

作曲家指揮者[ドイツ]

1826年 6月5日 死去享年41歳

カール・マリア・フォン・ウェーバー - ウィキペディアより引用

カール・マリア・フリードリヒ・エルンスト・フォン・ヴェーバー(ドイツ語: Carl Maria Friedrich Ernst von Weber、 1786年11月18日 - 1826年6月5日)は、ドイツのロマン派初期の作曲家、指揮者、ピアニスト。
姓は、一般には上記のドイツ読みとウェーバーという表記が混在して用いられている。
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによるドイツオペラの伝統を継承し、自らの『魔弾の射手』によってドイツ・ロマン派のオペラ様式を完成、そしてリヒャルト・ワーグナーへと流れを導いた作曲家として重要である。
11歳で初めてのオペラを作曲し、『魔弾の射手』や『オベロン』などのオペラのほか、『舞踏への勧誘』などの器楽曲も残す。
また、オーケストラの配置を現在に近い形に改めたり、指揮棒を初めて用いた人物としても知られる。
モーツァルトの妻コンスタンツェは父方の従姉にあたる。
生涯 現在のドイツ・リューベック近郊のオイティーンに生まれる。
父フランツ・ヴェーバーの兄フリードリンの娘コンスタンツェは人気作曲家であったモーツァルトと結婚していた。

(カール・マリア・フリードリヒ・エルンスト・フォン・ヴェーバー、 Carl Maria Friedrich Ernst von Weber、 1786年11月18日 - 1826年6月5日) ドイツのロマン派初期の作曲家、指揮者、ピアニスト。 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによるドイツオペラ?の伝統を継承し、自らの『魔弾の射手』によってドイツ・ロマン派のオペラ様式を完成、そしてリヒャルト・ワーグナーへと流れを導いた作曲家として重要である。 11歳で初めてのオペラを作曲し、『魔弾の射手』や『オベロン?』などのオペラのほか、『舞踏への勧誘?』などの器楽曲も残す。また、オーケストラの配置を現在に近い形に改めたり、指揮棒を初めて用いた人物としても知られる。 モーツァルトの妻コンスタンツェ?は父方の従姉にあたる。 (引用元 Hatena Keyword)