芸能人・経営者のおくやみ情報

ナルシソ・イエペス 氏Narciso Yepes

作曲家、ギタリスト[スペイン]

1997年 5月3日 死去享年71歳

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 - 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。
ナルシソ・ジェペスとも表記される。
スペインのムルシア地方のロルカ近郊の農家に生まれた。
4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーでギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。
ここで、作曲家のビセンテ・アセンシオ教授に大きな影響を受ける。
また、マドリード音楽院では、サインス・デ・ラ・マーサにギターを師事した。
1947年12月17日スペイン劇場でのスペイン国立管弦楽団の定演コンサートに名指揮者アタウルフォ・アルヘンタにより招かれ、ロドリーゴのアランフエス協奏曲を演奏した。
その後に行われたパリやジュネーヴなどでの演奏会の成功で、イエペスの名はヨーロッパ中に知れ渡った。
1950年から3年間、演奏法をバイオリンのジョルジュ・エネスコ、ピアノのギーゼキングに学んでいる。
エネスコからは、作品の内部に踏み込んで分析する方法と、創造的な演奏、大胆で忠実な演奏の術を教わり、ギーゼキングからは、その豊かな器量、音色に関する繊細な感性力、そして直感力、楽譜を前にしての厳格さ、誠実さ、謙虚さを学んだ。

「ナルシソ・イエペス」と関連する人物(故人)