訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

レオ・ベークランドLeo Hendrick Baekeland

化学者[ベルギー→アメリカ]

1944年 2月23日 死去享年82歳

レオ・ベークランド - ウィキペディアより引用
レオ・ベークランド(Leo Hendrik Baekeland, 1863年11月14日 – 1944年2月23日)はベルギー生まれのアメリカ合衆国の化学者、発明家。
合成樹脂「ベークライト」を発明、工業化に成功し、「プラスチックの父」とよばれる。
ベルギーのヘントで靴屋と家政婦の息子として生まれる。
ベークランドはヘント大学で博士号を取得した後に、1889年にアメリカに移住した。
ベークランドの初期の成功した発明は印画紙「ベロックス」だった。
ベロックスは従来の印画紙よりも高感度であり、それまで焼付けには自然光が必要だったが、これによって室内の人工光でも作業ができるようになり作業効率が一気に改善されることになった。
1898年、ベークランドはコダック社にベロックスについての彼の特許を750,000ドルで売却し、そのお金でニューヨークに私設研究所を建てた。
次に彼が目標としたのは、ペンキの原料「セラック」の代用品を見つけることだった。
セラックはラックカイガラムシの樹脂様の被覆物質を抽出したもので、有機溶媒に溶かして塗料の原料とされる。

↑ PAGE TOP