芸能人・経営者のおくやみ情報

岡田嘉子 氏(おかだよしこ)

女優アナウンサー[日本]

1992年 2月10日 死去享年91歳

岡田嘉子 - ウィキペディアより引用

岡田 嘉子(おかだ よしこ、1902年4月21日 - 1992年2月10日)は、日本生まれの女優、アナウンサー。
大正から昭和初期にかけて、サイレント映画時代のトップ映画女優であった。
奔放な恋愛遍歴やソビエト連邦(現:ロシア連邦)への亡命など、波乱の生涯を送ったことでも知られる。
生涯 幼少期 1902年(明治35年)4月21日、新聞記者の娘として広島県広島市細工町(現:広島市中区大手町)に誕生。
細工町は後年(1945年)原子爆弾投下地点となった町である。
優秀な教育を受け育つ。
母方の祖母がオランダ人の血を引くため、エキゾチックな美貌を受け継いだ。
父の放浪癖のために、一家は朝鮮の釜山、横須賀、東京の湯島などに移り、嘉子も小学校を8つも変わった。
父は学校で宮城(皇居)遙拝(皇居遥拝)などがあると休ませてしまうリベラリストで、これが後年、嘉子の型にはまる事を嫌う奔放な生き方に影響を与えているものと思われる。

映画俳優・演出家。広島県生。東京女子美術学校卒。劇作家中村吉蔵に師事。山田隆弥主宰の舞台協会公演「出家とその弟子」の芸妓楓で脚光を浴び、日活の専属女優となる。昭和11年杉本良吉と樺太国境を越えソ連に入り、対日ラジオ放送局アナウンサー等を経てルナチャルスキー演劇大に入学。同48年より再々帰国し、演出・舞台出演をしたが、昭和64年にモスクワに帰る。平成4年(1992)歿、89才。 (引用元 コトバンク)