芸能人・経営者のおくやみ情報

原智恵子 氏(はらちえこ)

ピアニスト[日本]

2001年 12月9日 死去老衰享年88歳

原 智恵子(はら ちえこ、1914年12月25日 - 2001年12月9日)はヨーロッパを中心に活躍した、日本人ピアニスト。
ショパン国際ピアノコンクールの日本人初出場者として知られる。
(第3回1937年、ショパン国際ピアノコンクール#主な日本人受賞者) 夫はチェリストのガスパール・カサド。
チエコ・ハラ・カサド(Chieko Hara Cassado)と表記される場合もある。
ヨーロッパでは知名度が高かったものの、『原智恵子 伝説のピアニスト』が発売されるまで、日本人のほとんどが彼女の名前を記憶していなかった。
スペイン出身のピアニストアリシア・デ・ラローチャは「演奏は技術的にも音楽的にも素晴らしいものです。
パリでラザール・レヴィの教えを受けた彼女は偉大なピアニストでした」と述べている。
兵庫県神戸市須磨出身。
父の原粂太郎はハーヴァード大学に学んだ川崎造船所の技師長で、有島武郎・有島生馬兄弟の友人。
7歳の時からスペインのピアニストのペドロ・ビリャベルデ(Pedro Villaverde)にピアノを習う。

はら-ちえこ 1915-2001昭和時代のピアニスト。大正4年1月1日生まれ。レビ,ピラペルデに師事。昭和7年パリ国立音楽院卒業後ヨーロッパで活動をはじめた。12年ショパン国際ピアノコンクール特別賞。34年チェロ奏者のガスパール=カサドと結婚,スペインに帰化。以後カサドの伴奏者をつとめ,夫の没後カサド国際チェロコンクールを主催。平成13年12月9日死去。86歳。兵庫県出身。 (引用元 コトバンク)