訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

力道山 氏(りきどうざん)

プロレスラー、元相撲力士[朝鮮]

(本名・金信洛)

1963年 12月15日 死去刺傷が原因による化膿性腹膜炎享年40歳

力道山 - ウィキペディアより引用
力道山(りきどうざん、朝鮮語:역도산(ヨットサン、Yeokdosan / Yŏktosan)、朝鮮文化語:력도산(リョットサン、Ryeokdosan / Ryŏktosan)、1924年11月14日 - 1963年12月15日)は、日本のプロレスラー。
本名・戸籍名・日本名:百田 光浩(ももた みつひろ)、旧名・出生名・朝鮮名:金 信洛(きん・しんらく、キム・シルラク、김신락(Gim Sinrak / Kim Sinrak))。
大相撲の力士出身。
身長176cm(プロレス時代の公称身長は180cm)、体重116kg。
生涯 生い立ち 日本統治時代の朝鮮・咸鏡南道洪原郡新豊里(現在の北朝鮮統治範囲)で現地人の両親のもとに生まれた。
力士時代 二所ノ関部屋に入門し、1940年5月場所初土俵、1946年11月場所に入幕し、入幕2場所目の1947年6月場所に前頭8枚目で9勝1敗の星をあげ、横綱羽黒山、大関前田山、同東冨士ら3人と相星となり、この場所から設けられた優勝決定戦に出場した(優勝は羽黒山)。