芸能人・経営者のおくやみ情報

小中村清矩(こなかむらきよのり)

国学者[日本]

1895年 10月11日 死去享年74歳

小中村清矩 - ウィキペディアより引用

小中村 清矩(こなかむら きよのり、文政4年12月30日 (旧暦) 12月30日(1822年1月22日)- 明治28年(1895年)10月11日)は、国学者・歴史家 日本史学者。
姓は紀氏。
幼名は栄之助・金四郎・金右衛門・将曹と称した。
号は陽春廬(やすむろ)。

文政4年(1821年)年末、江戸麹町(現在の東京都千代田区)に生まれる。
父は原田次郎八、母は美代。
父母に早世されたため、母の妹に養われ小中村家を継ぐ。
小中村家の出自は石清水八幡宮の神職で、江戸に下って商業を営んでいた。
天保5年(1834年)、名を清矩に改めた。
養父の歿後家業を継ぐ一方、学問を堀越開山・置賜晰斎・西島蘭渓・中村六右衛門・亀田鶯谷・伊能穎則らより受ける。
嘉永5年(1852年)、家業を次子文次郎に譲って学業に専念した。

「小中村清矩」と関連する人物(故人)