芸能人・経営者のおくやみ情報

ゴットホルト・エフライム・レッシングGotthold Ephraim Lessing

詩人、劇作家[ドイツ]

1781年 2月15日 死去享年53歳

ゴットホルト・エフライム・レッシング - ウィキペディアより引用

ゴットホルト・エフライム・レッシング(Gotthold Ephraim Lessing, 1729年1月22日 - 1781年 2月15日)は、ドイツの詩人、劇作家、思想家、批評家。
ドイツ啓蒙思想の代表的な人物であり、フランス古典主義からの解放を目指し、ドイツ文学のその後のあり方を決めた人物である。
その活動は、ゲーテやシラー、カント、ヤコービ、ハーマン、ヘルダー、メンデルスゾーンなど当時のドイツ文学・思想に多大な影響を及ぼした。
また彼の死後、文学・哲学界でいわゆる「スピノザ論争」がおきた。
生涯 ザクセン州のカメンツと言う小さな町の聖職者の息子として生まれる。
ライプツィヒ大学で、医学と神学を学び、その後に著作・創作活動とともにさまざまな職を歴任。
まずはベルリンとライプツィヒとで、1748-1760年までには著述家、編集者として働く。
18歳にして処女作「若い学者」を上演。
1760-1765年にはタウエンツィーエン将軍の秘書として働き、後にドイツ国民劇場で脚本家、指導者として働く。

「ゴットホルト・エフライム・レッシング」と関連する人物(故人)