訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ピエール・ガッサンディPierre Gassendi

物理学者数学者[フランス]

1655年 10月24日 死去享年64歳

ピエール・ガッサンディ - ウィキペディアより引用
ファイル:pierre_gassendi.jpg thumb 250px right ピエール・ガッサンディ
ピエール・ガッサンディ(Pierre Gassendi、1592年1月22日-1655年10月24日)はフランスの物理学者・数学者・哲学者。

プロヴァンス地方でディーニュ近郊シャンテルシェ(Champtercier)で貧しい農夫の子として生まれディーニュ大学に聴講し、言語学と数学に才能を示す。
エクサンプロヴァンス大学で哲学を学び16歳で修辞学の教師となり、3年後に神学と哲学の教授となった。
翌年の1612年に神学を講義するためにディーニュ大学に招聘され、1616年にアヴィニョンで神学の学位を授与され翌年に僧職に就いた。
同年、エクサンプロヴァンス大学で哲学教授となり、徐々に神学研究から遠のくことになる。
1628年から1633年までフランドルとオランダへ旅行。
1633年に元老員議員のベイレスシウスに推挙され、聖堂参事会員となりディーニュ聖堂学院の学長となる。
1645年にパリのコレージュ・ロアイヤルの数学教授となり、1648年に体調を崩すまで講義を行った。
パリで没する。

↑ PAGE TOP