訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

島田清次郎(しまだせいじろう)

作家[日本]

1930年 4月29日 死去肺結核享年32歳

嶋田 清次郎(しまだ せいじろう、1899年(明治32年)2月26日 - 1930年(昭和5年)4月29日)は、日本の小説家。
文壇で有名であった時代には「島清」という略称でも呼ばれた。
石川県石川郡美川町(現白山市)の生まれ。
早くに父・常吉(回漕業)を海難事故で亡くし、母・みつの実家で育つ。
母の実家は金沢市内の茶屋街(西廓)で貸座敷も営み、この環境が島田の文学と性格に影響を与えた。
幼いころから芸妓街で嫌々客をとらされる芸者たちや貧乏ゆえに恋愛も許されない若者を身近に見ながら育ち、他方、政治家・官僚などがまともな政治を行わずに貧民が日本に多くいることへの憤りを募らせたことが、代表作となる『地上』の執筆動機となる。
1911年(明治44年)、野町小学校尋常科を優秀な成績で卒業し、石川県立金沢第二中学校に進学。
ここでも良い成績をおさめていたが、教師に対して反抗的な態度をとることも多く停学処分を数回受けている。
13歳の時には「自分の天才が世に認められない」との理由で自殺を図った。
未遂に終わったものの、自ら「天才に学校の器が合わない」と感じ、1912年(明治44年)春、縁故のつてで上京、高輪の信託事業家(東京信託株式会社専務取締役)・岩崎一の邸に寄宿し明治学院普通部に転入、母も女中頭として住み込むこととなった。