訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヘルマン・ロールシャッハHermann Rorschach

精神分析学者[スイス]

1922年 4月2日 死去腹膜炎享年39歳

ヘルマン・ロールシャッハ - ウィキペディアより引用
ヘルマン・ロールシャッハ(スイス語:Hermann Rorschach、1884年11月8日 - 1922年4月2日)は、スイスチューリッヒ出身の精神療法家、フロイト派に属する精神分析家。
1921年に、被験者にインクのしみを見せて何を想像するかを述べてもらい、その言語表現を分析することによって被験者の思考過程やその障害を推定する「ロールシャッハ・テスト」を考案したとして名高い。
生涯 1884年11月8日に、スイスのチューリッヒに無名の画家、美術教師であった父のもとに生まれ、幼少期から青年期にかけてチューリッヒとシャフハウゼンで育った。
小学校は州立学校に通っていたが、ロールシャッハはいつも絵を描いていたことから「インクのシミ」と言う意味がある「クレック(Kleck)」とあだ名されていた。
始めは父に倣って芸術家を志していたが、高校を卒業する前に科学か芸術の道に進むかを決めきれず、ドイツの生物学者であるエルンスト・ヘッケルに自身の進路に関する相談を手紙に書いて送った。

「ヘルマン・ロールシャッハ」と関連する人物(故人)