訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

田村高廣 氏(たむらたかひろ)

俳優[日本]

2006年 5月16日 死去脳梗塞享年79歳

田村 高廣(たむら たかひろ、本名同じ、1928年8月31日 - 2006年5月16日)は、日本の俳優。
阪東妻三郎の長男。
田村俊磨(元マネージャー、株式会社タムサプライヤ社長)、田村正和、田村亮(共に俳優)の兄であり、田村兄弟の長男である。
異母弟に俳優の水上保広がいる。
来歴・人物 京都府京都市出身。
京都三中(現・京都府立山城高等学校)、同志社大学経済学部卒業。
京都三中在学中に、動員学徒として愛知県の中島飛行機半田製作所で働いた経歴を持つ。
大学卒業後、いったんサラリーマン生活を送るが1953年7月7日に父が急逝。
近親者や木下惠介監督などから後を継ぐよう強くすすめられたため、父が死去した際に在籍していた松竹に入社し映画『女の園』でデビュー。
「最初は乗り気ではなかったが父の遺した借金返済のために俳優になった」と『徹子の部屋』ほかインタビューの折に語っていた(借金はデビューして20数年後に完済された)。
その後も木下演出の下、壺井栄原作の『二十四の瞳』を初め、『喜びも悲しみも幾歳月』、『笛吹川』に出演し、演技に磨きをかける。