芸能人・経営者のおくやみ情報

田村高廣 氏(たむらたかひろ)

俳優[日本]

2006年 5月16日 死去脳梗塞享年79歳

田村 高廣(たむら たかひろ、本名同じ、1928年8月31日 - 2006年5月16日)は、日本の俳優。
阪東妻三郎の長男。
田村俊磨(元マネージャー、株式会社タムサプライヤ社長)、田村正和、田村亮(共に俳優)の兄であり、田村兄弟の長男である。
異母弟に俳優の水上保広がいる。
来歴・人物 京都府京都市出身。
京都三中(現・京都府立山城高等学校)、同志社大学経済学部卒業。
京都三中在学中に、動員学徒として愛知県の中島飛行機半田製作所で働いた経歴を持つ。
大学卒業後、いったんサラリーマン生活を送るが1953年7月7日に父が急逝。
近親者や木下惠介監督などから後を継ぐよう強くすすめられたため、父が死去した際に在籍していた松竹に入社し映画『女の園』でデビュー。
「最初は乗り気ではなかったが父の遺した借金返済のために俳優になった」と『徹子の部屋』ほかインタビューの折に語っていた(借金はデビューして20数年後に完済された)。
その後も木下演出の下、壺井栄原作の『二十四の瞳』を初め、『喜びも悲しみも幾歳月』、『笛吹川』に出演し、演技に磨きをかける。

の言及 【阪東妻三郎】より …映画俳優。〈阪妻〉の呼名で親しまれ,豪快な立回りを見せたチャンバラ時代劇の大スターであるのみならず,スクリーンでも実生活でもその人間的な大きさで知られ,なかば伝説化されている名優。本名田村伝吉。東京生れ。11世片岡仁左衛門の門下に入り,1923年,マキノ映画に入社。大部屋俳優から主役をつかみ,ニヒリズムと乱闘を魅力とした寿々喜多呂九平(すすきたろくへい)脚本の一連の時代劇《鮮血の手型》(1923),《討たるゝ者》《逆流》(ともに1924),《江戸怪賊伝・影法師》《墓石が鼾する頃》《異人娘と武士》《雄呂血》(ともに1925)等々で人気を博して,剣戟王・阪妻の異名を取り,〈目玉の松ちゃん〉こと尾上松之助の1人斬るごとに見得を切る〈旧劇〉の古めかしさを脱して,ダイナミックな剣戟を生かした新しいチャンバラ映画の全盛時代をつくった。… ※「田村高廣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)