芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・フィリップ・スーザJohn Philip Sousa

作曲家指揮者[アメリカ]

1932年 3月6日 死去享年79歳

ジョン・フィリップ・スーザ - ウィキペディアより引用
ジョン・フィリップ・スーザ(John Philip Sousa、1854年11月6日 - 1932年3月6日)はアメリカの作曲家、指揮者。
『ワシントン・ポスト』、『星条旗よ永遠なれ』など100曲を越えるマーチのほかオペレッタや組曲などを作曲した. 19世紀のバンド音楽発展に貢献したこと等により多くの人々からマーチ王と呼ばれる。
さらにマーチングバンドなどでよく用いられるマーチング用チューバのスーザフォーンを考案した。
生涯 ワシントンD.C.に生まれる。
父はポルトガル出身で、大統領直属ワシントン海兵隊楽団のトロンボーン奏者だった。
母はドイツ系である。
周囲に音楽があふれている環境の中で、スーザは自然に音楽と親しむようになる。
7歳のとき音楽の勉強を始め、楽器演奏のほかに声楽にも熱中した。
熱中するあまり、勝手に楽団にもぐりこんで演奏に加わったりした。
加わった先の一つが少々ならず者の集団だったこともあり、父の紹介で13歳のときにワシントン海兵隊楽団に入団した。
5年間在籍したが、やがてワシントン海兵隊楽団を退団して各地のオーケストラやバンドを転々とするようになる。

「ジョン・フィリップ・スーザ」と関連する人物(故人)