芸能人・経営者のおくやみ情報

宮本常一 氏(みやもとつねいち)

民俗学者[日本]

1981年 1月30日 死去胃がん享年75歳

宮本常一 - ウィキペディアより引用

宮本 常一(みやもと つねいち、1907年8月1日 - 1981年1月30日)は、日本の民俗学者。
山口県周防大島生まれ。
大阪府立天王寺師範学校(現大阪教育大学)専攻科卒業。
学生時代に柳田國男の研究に関心を示し、その後渋沢敬三に見込まれて本格的に民俗学の研究を行うようになった。
1930年代から1981年に亡くなるまで、生涯に渡り日本各地をフィールドワークし続け(1200軒以上の民家に宿泊したと言われる)、膨大な記録を残した。
宮本の民俗学は非常に幅が広く、中でも生活用具や技術に関心を寄せ、民具学という新たな領域を築いた。
宮本が所属したアチックミューゼアムは、後に日本常民文化研究所となり、神奈川大学に吸収されて網野善彦の活動の場となった。
学風 柳田國男とは異なり、漂泊民や被差別民、性などの問題を重視したため、柳田の学閥からは無視・冷遇されたが、20世紀末になって再評価の機運が高まった。

1907年、山口県周防大島東和町(現周防大島町)生まれ。民俗学者。 1981年、死去。 その研究は、何気ない庶民の暮らしぶりを丹念に追う視点の低さを特徴とする。 研究のため日本国内をくまなく巡り、生涯の4000日以上を旅に費やしたという旅の鉄人でもある。 その薫陶を受けた人物として、作家の永六輔や賀曽利隆の名が挙げられる。また、「被差別民の芸能」として絶えかけていた「猿まわし」の復興も支援するなど、その研究活動は、常に実践が伴っていた。 「忘れられた日本人」「家郷の訓」等著書多数。 「忘れられた日本人」収録の元博労だった盲目の老人の女性遍歴を綴った「土佐源氏」は、「文学的な名作」として知られ、芝居にもなっているが、近年の研究では宮本の創作が混ざっているといわれている。 (引用元 Hatena Keyword)