芸能人・経営者のおくやみ情報

石原謙 氏(いしはらけん)

キリスト教史学者[日本]

1976年 7月4日 死去享年95歳

石原 謙(いしはら けん、1882年8月1日 - 1976年7月4日)は、キリスト教史学者。
東京生まれ。
日本学士院会員。
来歴・人物 東京市本郷区本郷4丁目39番地に日本基督教会本郷教会牧師石原量、母ちせの次男として生まれる。
早稲田中学を経て、1901年(明治34年)7月一高に入学、1904年(明治37年)7月東京帝国大学文科大学史学科に入学、1905年(明治38年)哲学科に転じる。
文科大学哲学科では石原の学部卒業間際から大学院生の時期、波多野精一が講師もしていたが、学内においてよりは富士見町教会での波多野による日曜講演会において強い影響を受けた。
1907年(明治40年)の大学卒業後、大学院に進む。
在学中に1909年(明治42年)富士見町教会の会員の実業家渡辺荘の長女貞と結婚。
大学院に進むにあたり教父哲学を研究したいと申し出、教授会は専攻題目の改題を要求し、しかし1912年7月大学院に卒業論文「アレクサンドリアのクレメンスの哲学」を提出、これが認められて文学博士となったのは1921年(大正10年)のことであった。

「石原謙」と関連する人物(故人)