芸能人・経営者のおくやみ情報

たこ八郎 氏(たこはちろう)

コメディアン、俳優、元プロボクサー[日本]

1985年 7月24日 死去心臓麻痺享年46歳

たこ 八郎(たこ はちろう、1940年11月23日 - 1985年7月24日)は、日本のプロボクサー・コメディアン・俳優。
別名:太古 八郎。
プロボクサーとして日本フライ級王座を獲得している。
ボクサー現役時の愛称は河童の清作。
コメディアンや俳優転向してからの愛称はたこちゃん。
座右の銘は「迷惑かけてありがとう」。
本名:斎藤 清作(さいとう せいさく)。
宮城県仙台市宮城野区新田出身。
プロフィール 生い立ち 仙台市内の農家に8人兄弟の次男として生まれる。
少年時代に友達とどろんこの投げ合い遊びをしていて、泥が左眼に当たったことが原因で左眼の視力をほとんど失う。
すぐに病院に行き治療すれば失明はしなかったらしいが、少年時代は裕福な家庭ではなかったため、病院に行けば親に迷惑がかかると思い黙っていたと後に語っている。
ボクサー 仙台育英学園高等学校在学中ボクシング部に入部(1年の時、野球部引退した3年の芳賀勝男が練習に参加していた)、2年生時には宮城県大会で優勝している。

タコハチロウ 昭和期のタレント,プロボクサー元・日本フライ級チャンピオン。 生年昭和15(1940)年11月23日 没年昭和60(1985)年7月24日 出生地宮城県仙台市 本名斉藤清作(サイトウセイサク) 学歴〔年〕仙台育英高校卒 経歴高校でボクシング部に所属、卒業後上京し、アルバイトしながらプロボクシングの笹崎ジムに入所。昭和37年全日本フライ級チャンピオンとなったが、2年後、3度目の防衛戦で敗れた。通算41戦32勝(10KO)8敗1分。引退した翌日、知人の喜劇役者・由利徹の門下となり、コメディアンとして再スタート。東京・浅草などの大衆劇場やキャバレーのほかテレビ、映画にも出演、とぼけた味のタレントとして人気を集めていた。58年に出版した自伝的小説「たこでーす」はNHKの連続ドラマにもなった。 (引用元 コトバンク)

「たこ八郎」と関連する人物(故人)