芸能人・経営者のおくやみ情報

ダグラス・マッカーサー 氏

軍人、GHQ最高司令官[アメリカ]

1964年 4月5日 死去腎機能・肝機能障害享年84歳

ダグラス・マッカーサー - ウィキペディアより引用

ダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur、1880年1月26日 - 1964年4月5日)は、アメリカの軍人、陸軍元帥。
連合国軍最高司令官を務めた。
コーンパイプがトレードマークであった。
生涯 生い立ち マッカーサー家は元々はスコットランド貴族の血筋で、キャンベル氏族の流れを汲み、スコットランド独立戦争でロバート1世に与して広大な領土を得たが、その後は領主同士の勢力争いに敗れ、没落したと伝えられている。
1815年に祖父のアーサー・マッカーサー・シニアの代にスコットランドからアメリカに移民し、マッカーサー家はアメリカ国民となった。
なお、同じスコットランド系のフランクリン・ルーズベルトとは7つの家系、ウィンストン・チャーチルとは8つの家系を隔てた遠戚関係にあたる。
父アーサー・マッカーサー・ジュニアは16歳のころに南北戦争に従軍した根っからの軍人であり、南北戦争が終わって一旦は除隊し、祖父と同様に法律の勉強をしたが長続きせず、1866年には軍に再入隊している。

ダグラス・マッカーサー(Douglas A. MacArthur)1880年〜1964年 アメリカ陸軍軍人(最終階級は陸軍元帥)。GHQ最高司令官として、戦後日本にも様々な影響を与えた。 良くも悪くも個性の非常に強い人物。アーカンソー州リトル・ロック出身。 (引用元 Hatena Keyword)