芸能人・経営者のおくやみ情報

上野陽一 氏(うえのよういち)

経営学者[日本]

1957年 10月15日 死去享年75歳

うえのよういち [生]1883.10.28.東京[没]1957.10.15.東京能率運動という形で日本に近代的経営管理を導入した先駆者の一人。産業能率短期大学(前身は1942年創立の日本能率学校)の創立者。1908年東京帝国大学哲学科(心理学)卒業後アメリカに渡り,F.B.ギルブレスに師事し作業研究などを学んだ。帰国後,F.W.テーラーの科学的管理法の紹介をはじめ各企業の経営コンサルタントとして日本の経営近代化に寄与した。晩年は特に独創性の研究と教育に専念し,その後の創造性開発の分野に大きな影響を及ぼした。主著『能率ハンドブック』(54),『能率学原論』(55),『能率道講話』(56),『独創性の開発とその技法』(57),『上野陽一選集』(8巻,58)。ほかに訳書として『科学的管理法』PrinciplesofScientificManagement(32,F.W.テーラー著)がある。 (引用元 コトバンク)