芸能人・経営者のおくやみ情報

ニコラス・レイ 氏Nicholas Ray

映画監督[アメリカ]

1979年 6月16日 死去肺がん享年69歳

ニコラス・レイ - ウィキペディアより引用

ニコラス・レイ(Nicholas Ray、本名=レイモンド・ニコラス・キンズル・ジュニア、1911年8月7日 - 1979年6月16日)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身の映画監督である。
1950年代アメリカ映画の隠れた巨匠であり、ヌーヴェルヴァーグの作家たちから尊敬を受けた監督として知られる。
フランク・ロイド・ライトの下で建築を学んだが、数ヶ月で決別。
ニューヨークで左翼演劇活動に参加する。
太平洋戦争が始まるとOWI(戦時情報局)の仕事につき、ラジオ番組や宣伝映画などの制作を通して、エリア・カザンやジョン・ハウスマンなどの映画人と交流するようになり、ハウスマンのすすめでRKOに就職、1947年にデビュー作『夜の人々』を監督するが、ハワード・ヒューズがRKOを買収したために、このデビュー作は1949年まで公開が延期された。

 アメリカの映画監督。  1911年8月7日、ウィスコンシン州ゲイルズヴィル生まれ。本名レイモンド・ニコラス・キンズル・レイ。  1926年から27年にかけて地方ラジオ局で子供向け番組を制作。シカゴ大学で1年間、演劇と建築を学ぶ。  1929年から31年にかけてラ・クロスのウィスコンシン大学に通う。  1933年、ニューヨークに移住し、1933年、ジーン・エイブラムズ(筆名ジーン・エヴァンズ)と同棲を始め、1936年結婚。  1934年、行動劇団(以前の労働者実験劇団)、政府の公共事業促進局(WPA)のフェデラル・シアター計画、建築家フランク・ロイド・ライトの創設したタリアセン・フェローシップに参加。  1935年、エリア・カザン演出の舞台『若者が真っ先に行く』に出演。  1937年、農業省の移住局で演劇活動の責任者としてワシントンに移住。長男アンソニー誕生。フォーク・ミュージックを探して全米を旅行。  1938年、WPAの直轄下の娯楽部の演劇監督に就任。  1940年、ニューヨークに戻る。エヴァンズと別居。CBSラジオの番組『私の出自に帰る』でフォーク・ソング研究家アラン・ロマックスと仕事をする。  1942年、共産主義的活動によりWPAを免職。  1947年、RKO映画『夜の人々』で監督デビュー。その後、1952年までRKOで働く。  1948年6月1日、女優グロリア・グレアムと結婚。  1958年10月13日、ダンサー・振付師のベティ・ユティと結婚。  1964年、ベティと別離。1965年、ドイツ北のジュルト島に移住。  1969年、アメリカに戻り、シカゴで後の妻となる大学生スーザン・シュウォーツと出会 …… (引用元 Hatena Keyword)