訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エミール・ノルデ 氏Emil Nolde

画家[西ドイツ]

1956年 4月15日 死去享年90歳

エミール・ノルデ - ウィキペディアより引用
エミール・ノルデ(Emil Nolde, 1867年8月7日 - 1956年4月15日)は、19世紀末から20世紀のドイツの画家。
本名はエミール・ハンセン(Emil Hansen)で、ノルデは出身地の地名である。
ノルデの作風は同時代のドイツ表現主義の画家たちに共通するものがあるが、彼自身は特定のグループに属することを好まず、終始独自の道を歩んだ。
1867年、デンマークの北シュレースヴィヒ地方のブルカルのノルデに生まれる。
はじめ木彫を学び、続いてカールスルーエの工芸学校で学んだ。
1899年パリに出て、アカデミー・ジュリアンに学んだこともある。
1904年頃から「ノルデ」と名乗るようになる。
ノルデは1906年1月、ドレスデンのアルノルト画廊で個展を開いた。
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーら「ブリュッケ」のグループの画家たちは、ノルデに自分たちのグループに参加するよう要請した。
しかし、元来孤独を好む性格のノルデは、「ブリュッケ」には1年ほど所属しただけで脱退し、独自の道を歩んだ。
1909年には北ドイツのルッテビュルという村に定住し、以後『キリストの生涯』連作など宗教的な画題に取り組んだ。