芸能人・経営者のおくやみ情報

諸井三郎 氏(もろいさぶろう)

作曲家[日本]

1977年 3月24日 死去享年75歳

諸井 三郎(もろい さぶろう、1903年8月7日 - 1977年3月24日)は、日本の作曲家。
東京府(現・東京都)生まれ。
家は秩父セメント(現・太平洋セメント)の創業者一族。
幼少時よりピアノをはじめ、東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)を経て、同附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)在学時にピアニストを志す。
附属中学の同級生には、美濃部亮吉(元東京都知事)、正田英三郎(日清製粉名誉会長)、岸本英夫(東京大学名誉教授)、芳賀檀(ドイツ文学者)などがいた。
東京高師附属中を1921年に卒業後、旧制浦和高等学校を経て東京帝国大学文学部卒業。
東大在籍中にヴィリ・バルダスとレオニード・コハンスキにピアノを師事する。
1927年に音楽団体「スルヤ(Surya)」(インド神の名に由来。
命名者は今東光・今日出海兄弟の父である今武平)を結成し、河上徹太郎、三好達治、小林秀雄、中原中也、大岡昇平らと親交を持つ。
1932年から1934年までベルリン高等音楽学校に留学し、レオ・シュラッテンホルツとマックス・トラップ、ヴァルター・グマインドルに作曲を師事した。

もろい-さぶろう 1903-1977昭和時代の作曲家。明治36年8月7日生まれ。諸井恒平(つねへい)の3男。ベルリン高等音楽学校でまなび,昭和9年帰国。交響曲,協奏曲を作曲,入野義朗,柴田南雄(みなお)らをそだてた。戦後は文部省で音楽教育行政にたずさわり,東京都交響楽団長,洗足学園大教授をつとめた。昭和52年3月24日死去。73歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「楽式の研究」など。 (引用元 コトバンク)