芸能人・経営者のおくやみ情報

マタ・ハリMata Hari

スパイ、ダンサー[オランダ]

1917年 10月15日 死去処刑享年42歳

マタ・ハリ - ウィキペディアより引用

マタ・ハリ(Mata Hari、1876年8月7日 - 1917年10月15日)は、フランスのパリを中心に活躍したマレー系オランダ人の踊り子(ダンサー)、ストリッパー。
第一次世界大戦中にスパイ容疑でフランスに捕らえられ、有罪判決を受けて処刑された。
「マタ・ハリ」はダンサーとしての芸名であり、本名はマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ(Margaretha Geertruida Zelle)。
世界で最も有名な女スパイとして、女スパイの代名詞的存在となった。
生涯 オランダフリースラント州・レーワルデンにて、アムステルダム生まれのアダム・ツェレ(1840年10月2日 - 1910年3月10日)と、ジャワ系の祖先をもつ母アンテェ・ファン・デル・ムーレンの間にて、4人兄弟の長女として生まれる。
父は石油産業への投資を成功させて店を持ち、マルガレータが贅沢な暮らしができるほど裕福になったため、マルガレータは13歳まで上級学校に通えた。
しかし、マルガレータの父は1889年に破産し、その後両親はすぐに離婚。
マルガレータの母は1891年に亡くなった。

MataHari [生]1876.8.7.レーウワルデン[没]1917.10.15.バンサンヌ女スパイの代名詞にまでなったオランダの踊り子。本名MargareteGertrudZelle。1895年オランダ人将校と結婚。のち離婚して1905年よりパリで踊り子となり,マタ・ハリと称した。17年2月パリでドイツへのスパイ容疑で逮捕され,同年7月軍事法廷で死刑の宣告を受け,同年10月銃殺。フランス政府は事件の公式記録の公表を拒んでおり,彼女のスパイ行為の内容については不明である。 (引用元 コトバンク)

「マタ・ハリ」と関連する人物(故人)