訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

三井弘次 氏(みついこうじ)

俳優[日本]

1979年 4月20日 死去心不全享年70歳

三井 弘次(みつい こうじ、1910年3月6日 - 1979年4月20日)は、日本の俳優。
本名:三井 日子秀(みつい ひこひで)。
戦前は与太者シリーズに主演した与太者トリオの一人として、戦後は黒澤明監督や小津安二郎監督作品などでバイプレーヤーとして活躍した。
旧芸名は三井 秀男。
神奈川県横浜市西戸部町生まれ。
父親が松竹の特約映画館を経営していたことから、小さい頃から映画に親しんでいた。
西戸部小学校から1922年に慶應義塾大学商工学校に入学するも、学校の行き帰りに通る松竹蒲田撮影所へ見学として出入りするうちに、映画俳優になることを決意。
1924年、慶應義塾大学学生時代に松竹蒲田撮影所に俳優として入社し、1925年に三井秀男の芸名で『懐かしの蒲田』でデビュー。
その後は脇役として出演を続けるが、1931年に磯野秋雄、阿部正三郎と共に与太者トリオとして、野村浩将監督の『令嬢と与太者』に出演。
『与太者と芸者』『与太者と花嫁』などの与太者シリーズで一躍、人気者となった。
1934年にトリオ揃って準幹部待遇となり、1935年には正式に準幹部となるが、与太者シリーズ第10作『与太者と小町娘』完成後に松竹の監督だった重宗務の東京発声映画研究所の創立に参加、松竹を離れる。

↑ PAGE TOP