芸能人・経営者のおくやみ情報

片山東熊(かたやまとうくま)

建築家[日本]

1917年 10月24日 死去享年64歳

片山東熊 - ウィキペディアより引用

片山東熊(かたやま とうくま、嘉永6年12月20日(1854年1月18日)- 1917年(大正6年)10月24日)は明治期に活躍した建築家。
山口県生まれ。
工部大学校の建築学科第1期生。
工手学校(現工学院大学)造家学科教務主理。
宮内省で赤坂離宮など宮廷建築に多く関わる。
職務として県庁や博物館、宮内省の諸施設など36件の設計に関わったほか、公務の合間に貴族の私邸を中心に14件の設計を行った。
日本人建築家の養成を行うべく来日した、ジョサイア・コンドルの最初の学生の一人である。
代表作である旧東宮御所(現・迎賓館)は、2009年に明治以降の建築としては初めて国宝に指定された。
1854年(安政元年) - 萩で長州藩士の家に生まれる。
1865年(慶応元年) - 奇兵隊に入隊。
戊辰戦争に参戦。
1879年(明治12年) 11月 - 工部大学校卒業。
辰野金吾、曽禰達蔵らと同期。
12月 - 工部省営繕課に勤務。
1882年(明治15年) - 有栖川邸建設のため、有栖川宮熾仁親王とともに欧州視察。