芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード・フランクランドEdward Frankland

化学者[イギリス]

1899年 8月9日 死去享年75歳

エドワード・フランクランド - ウィキペディアより引用

エドワード・フランクランド(Edward Frankland, 1825年1月18日 – 1899年8月9日)はイギリスの化学者。
ランカスターの近くチャーチタウンに生まれる。
ランカスターのローヤル・グラマースクールを卒業したのち、街の薬屋の徒弟として6年間過ごした。
1845年にロンドンへ出てリオン・プレイフェアの研究室に入り、ついでマールブルクのロベルト・ブンゼンのもとで働いた。
1847年にハンプシャー州のクイーンウッド・スクールで科学修士号を得た。
そこではジョン・ティンダルに出会っている。
1851年にはマンチェスターのオーウェン大学で化学の第1教授になった。
6年後にロンドンに戻って聖バーソロミュー病院で化学の講師となり、1863年に王立研究所の化学教授に就いた。
若い頃から独自の研究に携わり、大きな成功を収めている。
ある種の有機ラジカルの単離といったような分析化学上のテーマに興味を持ったが、すぐに合成化学に転じた。
師のブンゼンによって提示されたカコジルについての研究は、有機金属化学史上の重要な発見をもたらしたが、このときフランクランドはわずか25歳の若さであった。

「エドワード・フランクランド」と関連する人物(故人)