芸能人・経営者のおくやみ情報

中条静夫 氏(ちゅうじょうしずお)

俳優[日本]

1994年 10月5日 死去肝不全享年69歳

中条 静夫(ちゅうじょう しずお、本名;中條 靜雄、1926年3月30日 ‐ 1994年10月5日)は、日本の俳優。
静岡県出身。
来歴・人物 東京府立第二商業学校(後の東京都立第二商業高等学校)卒業。
従軍経験があり、当時の教官から「学生のくせに名前がチュウジョウ(中将)とは何事か」と理不尽な説教をされたことがあると後年述懐している。
1948年、大映の入社試験に合格し俳優デビュー。
以後、エキストラ同然の大部屋暮らしが長く続いたが、1965年から始まった大映テレビ室制作のテレビドラマ『東京警備指令 ザ・ガードマン』(宇津井健主演)に小森隊員役でレギュラー出演。
これがはまり役となり、一気に名優の仲間入りをした。
大映倒産後、福田恆存の主宰する現代演劇協会・劇団欅に入団。
1976年、「劇団欅」と「劇団雲」が合併した「劇団昴」の旗揚げに参加し、新劇の舞台でも活躍した。
1974年の『6羽のかもめ』は脇役だが、メイン脚本家倉本聰は中条を軸に据えたエピソードも何本か執筆し、その演技が高い評判を呼ぶ。

俳優。1926年3月30日、静岡県生まれ。 1948年に大映の入社試験に合格し、俳優デビュー。1965年より放送のTVドラマ「ザ・ガードマン」で人気を博し、1976年には草刈正雄とともに第25回「NHK紅白歌合戦」の白組応援団長をしたりもしている。また、「赤い衝撃」での大山豪介役、そして何より「あぶない刑事」シリーズにおいての、近藤課長役であろう。 個性あふれる演技で存在感を示す。 1994年10月5日死去。享年68歳。 (引用元 Hatena Keyword)

「中条静夫」と関連する人物(故人)