芸能人・経営者のおくやみ情報

エミリオ・セグレ 氏Emilio Gino Segrè

物理学者[イタリア→アメリカ]

1989年 4月22日 死去心臓発作享年85歳

エミリオ・セグレ - ウィキペディアより引用

エミリオ・ジノ・セグレ(Emilio Gino Segrè 、1905年2月1日 - 1989年4月22日)は、イタリア生まれのアメリカの物理学者。
1959年に「反陽子の発見」に対してノーベル物理学賞を受賞した。
写真家としても活動し、現代科学の歴史を記録した多くの写真を残した。
生涯 イタリアのティヴォリに生まれた。
ローマ大学で工学を学んだが、1927年に物理学に転じ、フェルミのもとで学んだ。
ドイツやオランダでシュテルンやゼーマンと働いた後、1932年にローマ大学の助教授になった。
1934-35年フェルミと協力して中性子反応の先駆的研究を行なった。
1936年から1938年までパレルモ大学の物理学研究所の所長を務めた。
ローレンス・バークレー国立研究所を訪れた後、1937年、ペリエ(C.Perrier)とともに、モリブデンにサイクロトロンで加速した重陽子を照射し、最初の人工元素としてテクネチウムをつくりだした。