芸能人・経営者のおくやみ情報

徳田秋声(とくだしゅうせい)

作家[日本]

1943年 11月18日 死去肋膜がん享年72歳

徳田秋声 - ウィキペディアより引用

徳田 秋声(德田 秋聲、とくだ しゅうせい、男性、1872年2月1日(明治4年12月23日) - 1943年(昭和18年)11月18日)は、石川県金沢市生まれの小説家である。
本名は末雄(すえお)。
生い立ち 1872年2月1日(明治4年12月23日)現在の金沢市横山町に加賀藩家老横山氏の家臣徳田雲平の第6子(3男)として誕生(翌年の誕生日が暦の変更のため来なかったこともあり、生涯誕生日は12月23日、年齢は数え歳で通した)。
自伝小説『光を追うて』によれば、雲平は秋声が3番目の妻タケの胎内にあるうちから「産まれ落ちたら知り合ひの農家へくれる約束」をしていたが、生まれた顔を見て思いとどまったという。
明治維新後、秩禄公債で苦しい生計を立てていた没落士族の末子として「宿命的に影の薄い生をこの世に享け」た子供であり、4歳で生家を引き払って後は居を転々とし、また病弱であったため小学校へも学齢に1年遅れで入学しなければならなかった。

作家 1871-1943 徳田秋聲とも表記される。 『黴』『あらくれ』『縮図』など。 ・およそ形を成した思想を持たず、逆にそれが人生に対して提出する「解決」に絶えず意識的に反発して独自の表現を築き上げた。 ・硯友社時代に『雲のゆくへ』で作家として認められる。 ・自然主義の時代が来ると『新世帯』を発表し自然主義作家として注視されるようになる。 ・『足跡』では自分の妻の半生を、『黴』ではその妻の結婚の事情を書いている。特に『黴』は作者の分身である不遇作家笹村の光明のない生活に無感動に堪えていく姿が、無理想無解決の人生を象徴するように克明に描写されている点で、たんに秋声の代表作であるばかりでなく、自然主義的私小説の典型といえる。 ・秋声は理論によるよりも天性がそのまま熟してなった自然主義者であり、自然主義の凋落期に『爛』『あらくれ』を発表し、巨匠の風格を示した。 ・秋声の晩年の傑作としては自身の恋愛問題の総決算『仮想人物』と芸妓の半生を描いた『縮図』があげられる。ともに自然主義の頂点を示しただけでなく、わが国の近代小説の最高の達成とされた。 ・監督の青山真治は徳田をモデルにした中篇映画『秋聲旅日記』を手がけている。 (引用元 Hatena Keyword)