芸能人・経営者のおくやみ情報

アリス・フェイ 氏Alice Faye

女優歌手[アメリカ]

1998年 5月9日 死去胃がん享年84歳

アリス・フェイ - ウィキペディアより引用

アリス・フェイ(Alice Faye、本名:Alice Jeane Leppert、1915年5月5日 - 1998年5月9日)は、アメリカ合衆国で活躍した歌手・女優である。
ニューヨークで生まれ、ボードビルの舞台からブロードウェイに進出し、1934年にリリアン・ハーヴェイの代役としてフォックス映画『乾杯の唄』で映画デビューを果たした。
20世紀フォックス成立後の30年代後半になって『シカゴ』(1937)『世紀の楽団』(1938)『ワシントン広場の薔薇』(1939)といったタイロン・パワーとの共演作により人気が頂点を迎える。
40年代前半にはテクニカラーミュージカル作品への出演で人気を保った。
1945年、フィルム・ノワール作品『堕ちた天使』にダナ・アンドリュースとリンダ・ダーネルと共に主演したのを最後に映画から遠ざかり、夫フィル・ハリス(1941年結婚)とラジオ・テレビで共演した。

  • 題名
    アーヴィング・バーリン
    歌手
    オムニバス
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    1995年4月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    ソー・イン・ラヴ
    歌手
    オムニバス
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    1995年12月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

Alice Faye  アメリカの女優・歌手  1915年5月5日、ニューヨーク生まれ。本名アリス・ジーン・リパート。  ジーグフェルド・フォリーズのコーラス・ガールとなった後、ブロードウェイに進出、1931年版の『ジョージ・ホワイツ・スキャンダルズ』George White's Scandalsに出演。この頃、芸名アリス・フェイを名乗る。  ルディ・ヴァレーのラジオ番組「フライシュマン・アワー」The Fleischmann Hour(1932-34)で有名になる。  映画版『ジョージ・ホワイツ・スキャンダルズ』(邦題『乾杯の唄』)George White's Scandals(1934)でルディ・ヴァレーと共演。  映画では『夜毎八時に』(1935)、『シカゴ』(1937)、『スイングの女王』(1937)、『陽気な街』(1937)、『世紀の楽団』(1938)、『堕ちた天使』(1945)、『ステート・フェア』(1962)が有名。  1998年5月9日没。 主な映画出演作: 『乾杯の唄』(1934) 『水兵万歳』(1934) 『ハリウッドデカメロン』(1934) 『夜毎八時に』(1935) 『ジョージ・ホワイツ一九三五年スキャンダルス』(1935) 『バーレスクの王様』(1936) 『テムプルの福の神』(1936) 『テンプルちゃんの上海脱出』(1936) 『シカゴ』(1937) 『スイングの女王』(1937) 『陽気な街』(『つねって頂戴』)(1937) 『世紀の楽団』(1938) 『紅の翼』(1939) 『ワシントン広場の薔薇』(1939) 『大紐育』(1940) 『堕ちた天使』(1945) 『ステート・フェア』(1962) 『名犬ウォン・トン・トン』(1976) 『ラッシー』(1978) (引用元 Hatena Keyword)