芸能人・経営者のおくやみ情報

クリスチャン・ディオール 氏Christian Dior

ファッションデザイナー[フランス]

1957年 10月23日 死去享年53歳

クリスチャン・ディオール - ウィキペディアより引用
クリスチャン・ディオール(Christian Dior, 1905年1月21日 - 1957年10月24日)は、1950年代に活躍したフランスのファッションデザイナーである。
彼が創立したファッションブランドも「クリスチャン・ディオール」もしくは「ディオール」と呼ばれる(ブランドについてはディオールを参照)。
出生からブランド立ち上げ以前 1905年、クリスチャン・ディオールはフランス北西部ノルマンディーマンシュ県・グランヴィルで、モーリス・ディオールの5人の子供の内の2人目として生まれる。
父親は肥料の生産事業を行う裕福な家庭であった。
彼が5歳のころに、一家はパリへと移住する。
しかしながら、夏の休暇のたびにノルマンディーの海岸へと戻っていた。
彼の両親は息子に外交官になってほしいという望みがあった。
そのため、1920年から1925年12月までフランスのパリ政治学院に学ぶ。
しかしながら、彼自身は芸術に強い興味を持っていた。
また、彼はそれを開かさなかったがゲイであった。
結局、1928年に父親からの出資をもとにして、友人と共に小さなアートギャラリーを親からの出資で持ち、パブロ・ピカソやマックス・ジャコブなどの絵を置いた。

「クリスチャン・ディオール」と関連する人物(故人)