芸能人・経営者のおくやみ情報

オスカル2世Oskar II

スウェーデン国王[スウェーデン]

1907年 12月8日 死去享年79歳

『オスカル2世 (スウェーデン王)』より : オスカル2世(Oscar II, Oscar Fredrik Bernadotte, 1829年1月21日 - 1907年12月8日)は、ベルナドッテ王朝第4代のスウェーデン国王(在位:1872年 - 1907年)およびノルウェー国王(在位:1872年 - 1905年)。
オスカル1世の三男。
母はジョゼフィーヌ(ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌの孫)。
1877年から1901年まで発行されていた5から1000ノルウェー・クローネ紙幣6種に肖像が描かれていた。
生涯 夭逝した王子の他に男子のなかった兄カール15世の死により即位した。
この時代はスウェーデンの社会文化が振興し、成熟期を迎えた。
また産業革命も起こった。
国王と王家はその時代の象徴として存在し、スウェーデン社会に溶け込んで行った。
オスカル2世もスウェーデン語を完全にマスターしていたが、雄弁家としても知られ、スウェーデン語で著書を発表するなどスウェーデン人として振る舞った。
とはいえ、この時代はアメリカへの大規模な移民が続いた。
また外交政策では一貫して中立政策をとり、19世紀ヨーロッパに起きた帝国主義とは一線を画した。

せいOskarII [生]1829.1.21.ストックホルム[没]1907.12.8.ストックホルムスウェーデン王(在位1872~1907),ノルウェー王(在位1872~1905)。オスカル1世の子。雄弁家で,音楽,文学を愛好し,詩集,歴史書の著作もある。保守的政策を支持したため,議会としばしば衝突した。その治世には政党が発達し,産業,貿易が繁栄した。他方,治世初期からの国防問題は,1901年に兵役の期間延長と全男性の強制徴兵の決定をみて解決した。スウェーデン,ノルウェーの同君連合維持に努めたが,ノルウェー独立運動によって05年ノルウェー王退位を余儀なくされた。 (引用元 コトバンク)