芸能人・経営者のおくやみ情報

天津敏 氏(あまつびん)

俳優[日本]

1979年 7月24日 死去心不全享年59歳

天津 敏(あまつ びん、1921年2月16日 - 1979年7月24日)は、日本の俳優。
宮城県桃生郡河南町(石巻市)出身。
本名は天都 敏(旧姓は佐藤)。
身長182cmの体格、ドスの利いた声、鋭い眼光などを活かし、映画・テレビドラマで悪役・敵役スターとして活躍した。
代表作は『隠密剣士』、『仮面の忍者 赤影』、『水戸黄門 第5部』など。
両親及び兄弟はすべて教員という一家に育つ。
歌と水泳が得意な少年だったという。
宮城県師範学校を卒業後、教職に就く。
戦時中は海軍で少年水兵の教官の職にあった。
1944年に結婚、婿養子となり姓を天都とした。
戦後は教職から離れ、鎌倉の夫人の実家の工場を手伝い、水道工事などの仕事をしていた。
鎌倉に居を構えた1953年に、32歳で東宝ニューフェイスとして映画界入りした。
東京映画制作の作品では端役ばかりだったが、1955年にTBSのオーディションに合格し、テレビ黎明期の生放送時代劇に出演し始める。
1959年のテレビドラマ『豹の眼』を皮切りに宣弘社制作のテレビ作品で主に悪役として活躍する。