芸能人・経営者のおくやみ情報

丹羽文雄 氏(にわふみお)

作家[日本]

2005年 4月20日 死去肺炎享年102歳

丹羽文雄 - ウィキペディアより引用

丹羽 文雄(にわ ふみお、1904年(明治37年)11月22日 - 2005年(平成17年)4月20日)は、三重県出身の日本の小説家。
三重県四日市市北浜田にある浄土真宗専修寺高田派の崇顕寺(現在の浜田保育園)で住職を務める父・教開の長男として生まれた。
母・こうは、文雄が4歳のときに旅役者の後を追って出奔した。
この母への思慕と追憶が、文雄の作品世界には投影されている。
母の出奔は、婿養子に来た父が、母の母つまり祖母と男女関係を結んでいたからである。
丹羽はのち『菩提樹』にこのことを書き、『ひとわれを非情の作家と呼ぶ』でより平明に説明している。
この原体験が、丹羽をして人間の業を見つめる作家となし、その救いを浄土真宗に求める結果となった。
三重県立富田中学校(三重県立四日市高等学校の前身校の1つ)を経て、第一早稲田高等学院に入学。
本来は父の跡を継いで僧侶となるために、浄土真宗系の上級学校に進学するべきところであったが、文雄はすでに文学者を志望していたため、父や檀家には、仏教に関連の深い哲学科に進学するためと偽って、同校へすすんだ。

にわふみお [生]1904.11.22.三重,四日市[没]2005.4.20.東京,武蔵野小説家。1929年早稲田大学国文科卒業。帰郷して僧職についたが,『鮎』(1932)が永井龍男に認められて上京。1934年『海面』『甲羅類』『象形文字』『贅肉』などで人気作家となった。第2次世界大戦後,作風の領域や奥行を拡大し,『厭がらせの年齢』(1947),『哭壁』(1947~48),『蛇と鳩』(1952)などを相次いで発表して風俗小説の第一人者となった。また浄土の思想に関心を深め,『親鸞』(1965~69),『蓮如』(1971)などの大作を手がけた。日本文芸家協会会長に就任(1966~72)したほか,雑誌『文学者』を発行,多くの新人を育成。その後の作品としては,『人間舟橋聖一』(1987)がある。1965年日本芸術院会員。1977年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)