芸能人・経営者のおくやみ情報

ホアキン・ロドリーゴ 氏Joaquín Rodrigo Vidre

作曲家[スペイン]

1999年 7月6日 死去老衰享年99歳

ホアキン・ロドリーゴ - ウィキペディアより引用

ホアキン・ロドリーゴ・ビドレ(Joaquín Rodrigo Vidre, 1901年11月22日 - 1999年7月6日)は、スペインの作曲家。
幼児期に失明したにもかかわらず、芸術家として大成した。
数々の作品を通じてクラシック・ギターの普及に功があったとされ、とりわけ《アランフエス協奏曲》はスペイン近代音楽ならびにギター協奏曲の嚆矢とみなされている。
本人はピアニストであり、ギターは演奏しなかった。
生涯 バレンシア州のサグントに生まれる。
3歳のころに悪性ジフテリアにかかり、視覚障害者となる。
8歳でピアノとヴァイオリンの学習を始める。
地元バレンシアでフランシスコ・アンティチに、パリのエコール・ノルマル音楽院でポール・デュカスに作曲を師事。
短期間スペインに帰国した後、パリに舞い戻って音楽学を初めモーリス・エマニュエルに、その後はアンドレ・ピロに師事。
1924年に管弦楽曲《子どものための5つの小品》によりスペイン国家賞を授与される。
1933年1月にバレンシアにてトルコ人ピアニストのビクトリア・カムヒと結婚し、一女のセシリア(1941年1月27日 - )を儲ける。

(ホアキン・ロドリーゴ・ビドレ、Joaquín Rodrigo Vidre, 1901年11月22日 - 1999年7月6日) スペインの作曲家。幼児期に失明したにもかかわらず、芸術家として大成した。数々の作品を通じてクラシック・ギターの普及に功があったとされ、とりわけ《アランフエス協奏曲》はスペイン近代音楽ならびにギター協奏曲の嚆矢とみなされている。本人はピアニストであり、ギターは演奏しなかった。 (引用元 Hatena Keyword)

「ホアキン・ロドリーゴ」と関連する人物(故人)