訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

佐伯孝夫 氏(さえきたかお)

作詞家[日本]

1981年 3月18日 死去食道がん享年80歳

佐伯孝夫 - ウィキペディアより引用
佐伯 孝夫(さえき たかお、1902年11月22日 - 1981年3月18日)は、日本の作詞家。
東京都出身。
本名、和泉 孝夫(いずみ たかお)。
早稲田大学文学部仏文科卒業。
在学中西條八十に師事し、その主宰する雑誌『白孔雀』『愛誦』に詩を発表していた。
1931年に国民新聞社(現在の東京新聞社)入社、1937年には東京日日新聞(現在の毎日新聞社)へと移る。
1939年、ビクターレコード専属作詞家となる。
西條八十門下生の1人。
戦前は、佐々木俊一と組み、多くを灰田勝彦や小畑実に作品を提供。
戦後は、作曲家・吉田正とコンビを組み、『有楽町で逢いましょう』、『東京ナイト・クラブ』、『潮来笠』、『いつでも夢を』(第4回日本レコード大賞受賞曲)、『恋のメキシカン・ロック』など数々のヒット曲を生み出した。
1981年3月18日、食道癌のため死去。
享年80(満78歳没)。
1980年12月31日のレコード大賞への電話出演が公の場に出た最後となった。
なお『ちいさい秋みつけた』などで知られる作詞家のサトウハチローとは交流が深かった。