訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ラーマ8世Ananda Mahidol

タイ国王[タイ]
1946年 6月9日 死去射殺享年22歳
ラーマ8世 - ウィキペディアより引用
ラーマ8世(タイ語: รัชกาลที่ ๘、1925年9月20日 - 1946年6月9日)は、チャクリー王朝の第8代のシャム国王(在位:1935年3月2日 - 1946年6月9日)。
通称をアーナンタマヒドン(ไทย: อานันทมหิดล, ラテン文字転写: Ananda Mahidol)といい、アーナンタ国王、マヒドン国王とも呼ばれる。
タイで流通している20バーツ紙幣(前版)の裏面に肖像が使用されている。
生涯 生い立ち ラーマ5世の孫で、ラーマ7世の甥に当たる。
1925年(タイ仏暦2468年)ドイツのハイデルベルクで生まれた。
1928年(同2471年)年に初めてタイに帰ってきた。
翌年に父のソンクラーナカリン王子が亡くなると、兄弟3人でスイスのローザンヌで修学した。
1935年(同2478年)ラーマ7世が退位するとタイの国会の決定で即位したが、すぐにスイスに帰り学業を続けた。
その後1939年に勃発した第二次世界大戦の開戦後も中立国となったスイスに滞在を続けた。

↑ PAGE TOP